めんたいこモチーフの新シート 改装ヤフオクドーム公開

甲斐弘史
[PR]

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスは28日、改装した本拠ヤフオクドームを報道陣やファンクラブ会員らに公開した。球団の福岡移転30周年記念事業の一環。目玉が、縦と横に5メートルずつ大型化されたバックスクリーン後方の中央ビジョン。球団によると、両隣の画面と一体化した表示面積は1535・5平方メートルで野球場では世界最大という。

 外野席も様変わりした。後方にあった「王貞治ベースボールミュージアム」が移転したスペースなどに、福岡名物のめんたいこをモチーフにした新シートなどを増設。球場の収容人数は3万8530人から4万178人に増えた。コンコースも白と黒を基調としたデザインに新調された。

 この日のセレモニーで王球団会長は「ドームの変化を楽しんでもらいたい。選手もびっくりすると思う」と話した。本拠の今年初戦となる3月2日の阪神とのオープン戦から使われ、3年連続日本一を狙うチームを後押しする。(甲斐弘史)