[PR]

 バス停で転んでけがをした男性を男子高校生が助け、山口県下関市教委から表彰された。

 下関市の県立長府高校2年の住田光生(こうせい)君(17)。昨年11月16日、硬式テニス部の朝練に出るため、いつものようにバスに乗った。

 午前6時40分ごろ、長府地区のバス停で、高齢の男性が慌てて降りた。「あっ!」。車内がざわついたが、バスは何事もなかったかのように発車した。

 後部座席に座っていた住田君が窓から歩道を見ると、男性が倒れ、額から血を流していた。一緒にバスを降りた人たちが手を貸す様子は見えなかった。

 住田君は次のバス停で降り、300メートルほど駆け戻った。「大丈夫ですか」。男性の額から流れる血を自分のハンカチで拭いた。バス停の前の総合病院まで付き添った後、バスで高校へ向かった。

 後日、男性が高校へお礼に訪れて、このことが広く知られるようになった。下関市教委は毎年、善い行いをした若者を表彰しており、今年は住田君を含む9人が選ばれた。

 2月27日に表彰式があった。住田君は学校で行事があり出席できなかったが「当たり前のことをしただけ」とはにかむ。将来の夢は警察官だ。「目の前に助けられる命があるなら、手を貸せるような大人になりたい」(山田菜の花)