[PR]

 2月23日、アウェー広島戦で今季の開幕を迎えた。試合は1―1のドロー。勝ち点1をつかみ、2日、アイスタでのホーム開幕戦でG大阪を迎え撃つ。

 昨季はディフェンスラインと中盤を4人ずつ配し、前線にドウグラス選手と北川航也選手の2人を置く【4―4―2】というフォーメーションでシーズンを戦い、J1リーグでは5年ぶりの1桁順位となる8位。その結果を受け、今季は5位以上という目標を掲げている。

 そのための秘策として用意されたのが3バックだ。ファン・ソッコ選手と立田悠悟選手に加え、新たにブラジル籍選手のヴァンデルソン選手が、それぞれ対人プレーの強みを生かす形で後ろを守る。さらにサイドバックだった松原后選手とエウシーニョ選手の攻撃的な特徴を生かすために1列前に配置。攻撃は1トップ2シャドーというトライアングルを形成し、【3―4―2―1】というフォーメーションを準備した。

 残念ながらエウシーニョ選手は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも