[PR]

 東京医科大の不正入試問題で、同大が2017、18年度の入試を再判定して追加合格とした44人のうち、約20人が辞退したことが、関係者の話でわかった。その分の人数は、19年度入試の補欠から繰り上げる。同大は補欠合格の決め方をめぐっても問題が指摘されていたため、今年からは初めて補欠に順位をつけて発表した。

 同大は過去の入試で女子や浪人回数の多い受験生の得点を一律に低くしていた。17、18年度の入試については不正がない状態で再判定した結果、不合格としていた101人を対象に入学の意向を確認し、49人が入学を希望していた。同大は44人を追加合格にする一方で、「定員に達した」ことを理由に5人の女子は再び不合格とした。

 19年度入試の入学手続き期限…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら