[PR]

 外国産のシジミ計180トンを愛知県産と偽って販売していたとして、愛知県は28日、水産卸売会社「マルイ」(愛知県弥富市)に、食品表示法に基づいて是正を指示したと発表した。同社は営業を自粛している。

 県によると、同社は少なくとも2017年12月から18年11月にかけて、ロシア産120トンと台湾産60トンのシジミを「木曽川産(愛知県産)」と表示し、24都府県の卸売業者に販売。国産のシジミに外国産シジミを2倍ほどの割合で混入するケースもあったという。

 県の調査に対し、同社は「外国産だと取引してくれなかった。12年ごろからやっていた」と説明しているという。ロシア産シジミの仕入れ値は国産とほぼ同じなのに対し、台湾産は国産に比べて1キロあたり100円以上高くなるが、県は販売量を確保するために偽装していたとみている。愛知県内のシジミ漁獲量は13年に289トンあったが、17年は32トンになっていた。