[PR]

【アピタル+】患者を生きる・食べる「妊娠糖尿病」(専門家インタビュー)

 妊婦の約1割がなると言われる妊娠糖尿病。妊婦やおなかの子には、どんな影響が起こりうるのか。食事をする時にどんなことに注意したらよいのか。ベルランド総合病院の産婦人科医、竹井裕美子さん(33)と管理栄養士の正木美由紀さん(42)、病院を運営する社会医療法人「生長会」周産期医療研究所の村田雄二所長(76)に聞きました。

妊婦の1割が該当、2型糖尿病とは区別を

産婦人科医・竹井裕美子さん

――妊娠糖尿病とはどんな病気ですか。

 妊娠中は、胎盤から出る「HPL」というホルモンなどが血糖値を下げるインスリンの働きを抑えるため、血糖値が高めになります。その程度が大きい人が、妊娠糖尿病と診断されます。

 妊娠中期にスクリーニング検査をして、妊娠糖尿病の疑いがある人にはさらに詳しい検査をします。ブドウ糖入りのジュースを飲んだ前後の血糖値を測り、基準値を超えた場合は妊娠糖尿病と診断されます。妊婦の約1割が、妊娠糖尿病になると言われています。

 生活習慣が主な原因となる2型糖尿病は、妊娠糖尿病よりも診断基準の血糖値が高く、区別されます。

――どんな治療をしますか。

 妊娠糖尿病は、必要なカロリーを糖質や脂質、たんぱく質でバランスよく食べる食事療法によって、血糖値の上昇を抑えられる人が多いです。ただ、食事だけでは血糖値をコントロールできず、インスリン注射が必要になる人もいます。

 血糖値が高すぎる状態が続くと、流産や早産のほか、胎児が大きくなりすぎることで難産になることがあります。出産後に、赤ちゃんが低血糖になることももあります。妊娠糖尿病と診断されると妊娠高血圧症にもなりやすく、将来糖尿病になる確率も高いと言われています。

診断…でも「糖質を抜く」は絶対やめて

管理栄養士・正木美由紀さん

――血糖値をコントロールするうえで気を付けることは何ですか。

 妊娠糖尿病と診断された女性の中には、おなかの子どものために血糖値を正常に戻そうと思って、糖質を抜こうとする人がいますが、絶対にやめましょう。糖質が不足すると、体内の脂肪を分解することで発生するケトン体がたくさん出て、入院する人もいます。

――食事はどのようにとったら良いのでしょうか。

 必要な量の糖質を食べながら、血糖値を上げにくくする食べ方を紹介します。

 食事は、野菜、肉や魚などのおかず、ご飯などの糖質の順に食べるとよいでしょう。野菜に多く含まれる食物繊維は、糖の吸収を穏やかにしてくれます。おかずに含まれる脂質やたんぱく質は、糖質に比べて消化と吸収が緩やかに行われるため、食後の血糖値を急激に上昇させないという利点があります。

 また、よくかむことで食事の満足感が得られ、食べ過ぎを防げます。妊娠糖尿病の人がバランスのよい食事をしても血糖値が高い状態が続く場合、1回あたりの食事量を減らし、1日5~6回の分割食にすることでも血糖値は安定しやすくなります。

写真・図版

――糖質制限ダイエットがはやっています。

 妊娠糖尿病に限らず、ダイエットのための「糖質制限」も長期的にはおすすめできません。体を維持するにはエネルギーが必要なので、糖質を減らした分、どうしても肉や魚などのおかずが増えがちです。脂質が増えて脂質異常症になったり、塩分が増えて高血圧症になったりする可能性があります。

予防には適度な運動も有効

社会医療法人「生長会」周産期医療研究所・村田雄二所長

――妊婦の糖質制限は、おなかの子にどんな影響がありますか。

 赤ちゃんが成長するためには、糖質が必要です。食べる糖質の量を極端に減らすと、ケトン体などが出て、おなかの子の成長に影響が出ます。医師や管理栄養士から必要と言われた量の食事を食べることが大切です。

 女性は年齢が上がるほど、妊娠糖尿病になりやすくなります。肥満の人や、家族に2型糖尿病の患者がいる人、過去に妊娠糖尿病などの糖代謝異常があった人もなりやすいです。

――血糖値のコントロールで、食事以外で何に気を付けたらよいですか。

 血糖値の上昇を抑えるには、運動も有効です。ただ、息切れするような運動ではなく、ヨガやストレッチなどがおすすめです。だれかと一緒に談笑しながらウォーキングをするのも良いです。

 妊娠中の検査で測る項目のひとつに「尿糖」があります。血糖値が高いほど、尿糖も「陽性」の結果が出やすくなるため、糖尿病などの病気を見つける目安になります。ただ、尿糖で「陽性」の結果が出ても、病気であるとは限りません。食事した2~3時間後は尿糖が陽性になりやすいなど、結果が影響されやすいからです。

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・食べる>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(聞き手・福地慶太郎