大ガス「再エネ100%の電気」4人家族で356円割高

西尾邦明
[PR]

 大阪ガスは28日、再生可能エネルギー由来の電気だけを使いたい家庭向けのメニューを、3月20日から始めると発表した。一般的な電力会社の規制料金に比べて割高になる。再エネ電源の普及を、利用者に支えてもらう狙いだ。

 太陽光や風力が対象で、どんな電源をどれだけの割合で使うのか、ホームページで計画と実績を毎年公表する。販売上限数は約5千件。大ガスの狭間一郎理事は「供給力を増やし、拡大していきたい」と話した。

 ただ、電気料金関西電力の規制料金に比べて1キロワット時あたり1円高い。4人家族の家庭(月370キロワット時)では356円高くなる。

 大ガスは3月20日から、電気料金に応じて最大6%のNTTドコモのdポイントがたまるメニューや、給湯器やガスコンロの修理費が無料になるメニューも始める。(西尾邦明)