[PR]

 ドアを開けて中に入ると、ニンニクの匂いが立ちこめていた。和歌山県由良町の旧白崎中学校内にある「株式会社ゆらちょう」の事務所。「ぜひ食べてみてください」。農家でもある社長の井上慶祥(のりあき)(27)が自社商品の「黒にんにく」を差し出した。臭みがなく、甘い味が口に広がる。

 母校の保健室を事務所として使い、1人でイベントの企画や広報、ウェブサイトの作成、特産品の販売を手がける。「わたしが住みたい、まちづくり。」をコンセプトに掲げ、町内で仕事の創出を目指している。

     ◇

 10年ほど前、母校の白崎中が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら