[PR]

 第2次世界大戦中、中国人らが強制連行され、過酷な労働を強いられた秋田・花岡鉱山を舞台にした戯曲「釈迦内柩唄(しゃかないひつぎうた)」が7~10日、大阪市城東区成育1丁目の未来ワークスタジオで上演される。

 主人公ふじ子の父が92歳で死んだ。花岡鉱山の近くで火葬場を営んでいた。

 ふじ子の回想は1945年の雪の夜へ飛ぶ。囲炉裏でだんらん中の一家は、鉱山から逃げてきた一人の朝鮮人を温かく迎え入れた。

 その後ふじ子の父は、銃殺され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら