写真・図版

[PR]

患者を生きる・食べる「妊娠糖尿病」(5:情報編)

 妊娠糖尿病は、妊娠中にインスリンの働きが悪くなる病気だ。放っておくと、おなかの子が大きくなりすぎて難産になったり、出産時に母親が大量に出血したりするおそれがある。

 そもそも妊婦は妊娠中期から増えるホルモンなどの影響で、だれでも血液中の糖の濃度「血糖値」は高めになる。おなかの子の成長に必要な量を送るためだ。

 国内で妊娠糖尿病と診断される…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら