[PR]

 暴力団事務所の追放運動を資金面で後押ししていくため、兵庫県尼崎市が4月から、必要な財源を蓄えておく基金を設ける。市議会で4日、関連条例が可決・成立した。市は2019年度の一般会計から400万円を基金に拠出する。

 名称は暴力団排除活動支援基金。資金を積み立てておくことで、支援が必要になった際、財源確保の不安なく、迅速に問題に対応できるようになる。

 同様の基金は県内で宝塚市、豊岡市、丹波市に次いで4例目。中核市の尼崎市は大きな繁華街を抱え、暴力団の活動拠点も多い。追放運動に関わってきた関係者は「大きな意味がある」と評価する。

 資金援助で想定されるのは、住…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら