[PR]

 沖縄銀行(山城正保頭取)が4月1日から、不妊治療に臨む行員向けの「ライフプラン休業」制度を始めることが分かった。男女を問わず取得でき、期間は1回の申請で最長2年。取得回数の制限は設けない。期間中は無給だが、会社負担分の社会保険料は沖銀が支払う。不妊治療に特化した休業制度は、県内地銀では初。

 沖銀によると、県外で長期の不妊治療を受けるため、過去10年間に女性行員が10人程度離職。実際には、不妊治療が目的だと明かさずに離職した例もあるとみて、改善策を1年以上かけて検討していた。

 不妊治療のために休暇が必要な場合、短期であれば年休を取得してもらうが、長期であればライフプラン休業を適用する。復職後の所属部署は、本人と話し合って決める。

 昇任するには一定の勤続年数が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら