[PR]

 28日午後4時10分ごろ、茨城県つくばみらい市内の「つくばエクスプレス」総合基地で、安全装置の作動試験をしていた電車(6両編成)が車止めにぶつかり、先頭車両の車輪4軸が脱線した。乗客はおらず、運転していた係員ら3人にけがはなかった。

 運営会社の首都圏新都市鉄道によると、電車は停止位置で止まらなかった場合に自動ブレーキがかかる「過走防護装置」の点検をしていた。時速25キロ以下で走行していたところ、止まらずに約20メートル先の車止めに衝突したという。同社が詳しい原因を調べている。(細沢礼輝)