[PR]

 京都、大阪、兵庫で起きた青酸化合物による連続不審死事件で、殺人と強盗殺人未遂の罪に問われた筧千佐子被告(72)は2月中旬、勾留されている大阪拘置所(大阪市都島区)で朝日新聞記者の面会取材に応じた。

 白髪が肩まで伸び、疲れた様子。耳が遠いためか、記者と被告を隔てる透明のアクリル板に顔を近づけ、質問を聞き返した。一審で軽いアルツハイマー型認知症とされた被告は同じ話を繰り返しもしたが、質問にはよどみなく答えた。

 控訴審での主張を尋ねると、「私なんかど素人でしょ。過去のことは忘れた」「弁護士に任せてるから、わからない。失言したらいけんから」などと語った。しかし一審の死刑判決に話が及ぶと、「飲んで死ねる薬があるなら飲みたい。ボケてないからね。いろんなこと覚えてるから。いいことも悪いことも」などと死を意識した発言を繰り返した。

 そして時折笑顔すら見せていた被告の表情が急に真剣になり、「自分のまいた種だから、早く死にたいよ。しんどいから考えないようにしてる」と話した。

 自身の認知症は「自分ではわか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら