梅が散って桜が咲くころ、京の花街(かがい)は踊りの季節を迎える。3月下旬から5月にかけ、5花街のうち、祇園東をのぞく四つの花街がそれぞれ舞台公演を催す。その皮切り、今月7日まで開かれている上七軒の「北野をどり」(http://www.maiko3.com/kitano-odori.html別ウインドウで開きます)では、円熟の舞を見せる芸妓(げいこ)らに交じり、4人の舞妓(まいこ)が初舞台にのぞんでいる。

     ◇

 2月1日。今年の北野をどりの制作発表会見が、公演の舞台となる京都市上京区の上七軒歌舞練場で開かれた。その場で報道関係者に配られた資料の中に、一筆箋(せん)のコピーが入っていた。4人の舞妓が、初めてのぞむ北野をどりへの抱負をしたためていた。

 《おおきに 梅さなどす。去年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら