[PR]

 きょうから4月、お花見シーズンがやってきた。栃木県内各地でサクラをめでる祭りが真っ盛りだ。

 真岡市では「真岡の一万本桜まつり」が開催中。北真岡の線路沿いや桜町陣屋跡、井頭公園など市内各地で催される祭りの総称だ。両岸に約200本のソメイヨシノが咲き誇る行屋川の桜まつりは13日まで。川面に映るサクラの名所だ。31日は満開とはいかなかったが、午後からは日差しも出て、家族連れやカップルが花見を楽しんでいた。

 足利市の足利公園での桜まつりは7日まで。ちょうちん200個でライトアップされる。壬生町の東雲公園での「しののめ花まつり」は7日まで。6、7日は舞台イベントなどが開催される。大田原市のさくら祭は21日まで。龍城公園などを会場に6日は音楽会、7日はヤマメ釣り大会など多彩な催しが予定されている。(斉藤勝寿)