[PR]

 池田動物園(岡山市北区京山2丁目)で3月31日、桜のトンネルを同じピンク色のフラミンゴ5羽が通り抜ける催しがあった。毎年桜が咲くこの時期に開かれ、家族連れらが一緒に歩いたり、背中をなでたりしてフラミンゴと触れあった。

 5羽の名前はいずれも「ピーちゃん」。担当飼育員によると、卵を人工的に温めて孵化(ふか)させ、飼育員たちの手で育てられた。人を親だと認識しているため、人に慣れているが、フラミンゴの群れで暮らすのは難しいという。このため、普段は展示しているフラミンゴとは別の施設で飼育されている。

 奈義町から母親と一緒に来ていた永幡怜奈ちゃん(5)は恐る恐るフラミンゴの背中をなで、「羽がピンク色でふわふわだった」とはにかんでいた。

 この催しは1、2日の午後1時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら