[PR]

 新潟市西蒲区の多宝山(標高633・8メートル)で31日、登山シーズンの訪れを告げる山開きがあった。丸小山公園(同区岩室温泉)の登山口には朝から登山者が訪れ、次々と入山していった。

 公園では安全祈願祭が行われ、地元観光協会や山岳会、市関係者らが玉串を捧げて安全を祈った。鈴木浩行・西蒲区長(56)が「豊かな自然を楽しんでもらい、下山後は温泉で汗を流してもらいたい」とあいさつ。市山岳協会の阿部信一会長(71)は「低い山でもまだ残雪で足場が悪かったり、急に天気が悪くなったりする。十分な心構えをして安全な登山を」と呼びかけた。