[PR]

 前橋市で今年2月に自殺した群馬県立高校2年の女子生徒(17)について、学校は31日、原因究明を求めていた両親に調査結果を報告した。いじめにあたる言動が一部であったと認めた一方、自殺との関連の判断は県教育委員会が設ける予定の第三者委員会に委ねる考えを示した。

 学校によると、教職員や同級生の聞き取りのほか、女子生徒の死後に見つかったメモなどを調査。1月18日にあった予餞(よせん)会(3年生の送別会)の打ち合わせで、クラス発表の配役をめぐる他の生徒の発言に女子生徒が苦痛を感じた点をいじめと認定した。

 女子生徒の母親から昨年7月、「娘が(授業を苦に)自殺未遂を図った」と連絡があったり、一昨年10月に担任らの指導で女子生徒が涙を流して帰宅したりした事例も明らかにした。

 学校は「生徒からの相談への組織的な対応に課題があった」とし、校長が謝罪した。(丹野宗丈、森岡航平)