[PR]

 【沖縄】沖縄自動車道を北上し、沖縄南インターチェンジを過ぎると、左手に真っ黒の巨体が目に飛び込んでくる。市知花のホテル「ロイヤル3」屋上にある高さ10メートルのゴリラのオブジェだ。バブルの影響が残る1992(平成4)年4月の開業時、社長が「とにかく派手に」と設置。以来27年、ゴリラは平成の時代を見つめてきた。

 4月1日の新元号発表を前に、支配人の伊佐常博さん(47)は「『ゴリラハウス』の愛称で県内外ですっかり有名になった。元号が変わっても知花のシンボルとして大切にしたい」と話している。

 旅館業の許可を得てオープンした92年当時、本土ではバブル経済が崩壊していたが、沖縄ではホテルやゴルフ場の建設ラッシュだったという。

 なぜ巨大ゴリラだったのか-。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら