[PR]

 東京都江東区のマンションの一室で2月28日、住人の加藤邦子さん(80)が死亡した事件で、加藤さん宅に事件前、家に現金があるかを尋ねる「アポ電」と呼ばれる電話がかかってきていたことが捜査関係者への取材でわかった。3人組が手足を緊縛する手口とともに渋谷区で今年あった2件の強盗致傷事件と酷似しており、警視庁は今回も同一グループの犯行の可能性があるとみて、強盗致死容疑で調べている。

 また、渋谷区の2件のうち1件の逃走車両と加藤さん宅付近から走り去った車の通行記録も似ており、行方を捜査している。

 捜査1課によると、加藤さんは2月28日午後1時55分ごろ、江東区東陽5丁目の自宅で死亡しているのを掃除のために訪れた介護の職員に発見された。両手首をラップのようなもので、両足首も粘着テープで縛られており、口付近にも粘着テープが貼られていた。

 捜査関係者によると、渋谷区の2件は今年1月11日と2月1日に発生。いずれも事前に息子を装って「家にお金はいくらある?」などと尋ねる「アポ電」と呼ばれる特殊詐欺を狙った疑いがある電話があり、3人組の男が押し入っていた。

 1件目は渋谷区初台1丁目の一軒家で、90代と80代の夫婦が粘着テープで縛られ数千万円を奪われた。2件目はこの家から約2キロ離れた同区笹塚2丁目の一軒家で、80代と70代の夫婦が結束バンドで両手足を縛られたり粘着テープで口をふさがれたりして約400万円を奪われた。加藤さん宅への「アポ電」の疑いがある電話は「お金ある?」といった内容で、加藤さんが2月中旬、知人男性に打ち明けていたという。

 加藤さんのマンションには2月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら