[PR]

 スマホアプリで知り合った女性の体を触ったとして和歌山県警は1日、和歌山東署留置管理課の巡査長、西村大樹容疑者(27)=和歌山市朝日=を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「性欲を満たすために無理やり胸を触った」などと容疑を認めているという。

 県警によると、西村容疑者は2月28日午後11時半ごろ、自宅で和歌山市内の20代女性の服の中に手を入れ、体を触った疑いがある。西村容疑者がこの女性と会ったのはこの日が初めて。女性が110番通報し、和歌山東署員が駆けつけて事情を聴いたところ、わいせつ行為を認めたという。