無色透明のしょうゆ発売 料理の色、変えないのが売り

有料記事

大畑滋生
[PR]

 熊本市のしょうゆ・調味料メーカー「フンドーダイ五葉」が、無色で透き通った見かけが特徴の「透明醬油(しょうゆ)」を開発し、全国で発売した。できたてのしょうゆから、特殊な機械で色のついた物質を除去している。主な成分や風味、味はそのまま。隠し味などに使っても料理の色が変わらないのが、売りだ。

 2017年夏ごろ。無色透明のコーラやノンアルコールビールの流行を見た商品開発室の早田文子係長が、「それならしょうゆも」と奮い立った。「マグロの漬(づ)け、カルパッチョなど白身魚の料理、アイスクリームの隠し味などにおすすめです」

 現在は主に九州の大手スーパ…

この記事は有料記事です。残り115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。