[PR]

 吉本新喜劇が1日、発足から60周年を迎え、本拠の大阪・なんばグランド花月で記念公演を開いた。総勢112人の座員らが出演し、ギャグ満載のドタバタ劇で会場をわかせた。

 終演後、出演者全員がステージ上に勢ぞろい。座長の一人のすっちーさんは「60年続いてきたのは先輩方のおかげ。我々も次の世代にバトンを渡していかなあかん」とあいさつした。

 28日~9月8日には全都道府県でツアー公演を開催。10月以降、中国やシンガポールなど海外での公演も予定している。

 吉本新喜劇は1959年3月1日、うめだ花月劇場の開場と同時に発足。チャーリー浜さんの「……じゃあ~りませんか」など数多くのギャグを生み出し、テレビでも放送され、人気を集めてきた。(深松真司)