[PR]

 長崎県や佐賀県を中心にバスを運行する西肥(さいひ)自動車(長崎県佐世保市)が、路線バス形の目覚まし時計を発売した。1個1500円(税込み)で、限定3千個。定期券窓口や営業所で販売中だが、2月26日の発売から3日間で2500個ほどが売れるヒット商品になっている。

 銀色のボディーに青いラインが入った路線バスの側面に、デジタル時計が付いている。設定した時刻になると「次、止まります」「次は佐世保駅前バスセンター」など2種類の車内放送が繰り返し鳴る。ほかに貸し切りバスに乗務する現役バスガイドが、修学旅行生などに向けてアカペラで歌う同社のオリジナル曲「シルバーブルー」も収録した。

 同社では、朝礼が始まる午前8時50分に「次、止まります」の音を鳴らしているという。担当者は「これを聞くとみんなパッと立ち上がり、気が引き締まる。でも、実際のバスの中では、バスが止まってから席をお立ちください」。(伊藤宏樹)