[PR]

 米朝首脳会談でトランプ大統領が拉致問題を取り上げた際の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の反応について、米側から報告を受けた日本政府関係者は1日、「明示的に良い反応はなかった。これまでの主張の繰り返しだった」と明らかにした。

 日本政府によると、トランプ氏はハノイで行われた2月27日の会談とその後の夕食会で、正恩氏に対し、拉致問題の解決を目指す首相の考え方を伝えたという。

 北朝鮮は拉致問題について「解決済み」だとし、日本による植民地支配に関する「過去の清算」を求めている。正恩氏もトランプ氏に対し、こうした主張をしたとみられる。

 首相は2月28日、トランプ氏から米朝首脳会談の報告を受けた後、記者団に対し、「次は私自身が金正恩委員長と向き合わなければいけない」と語った。しかし、日本政府関係者は「正恩氏はまだしばらく米国のことで頭がいっぱいだろう」と指摘。すぐに北朝鮮が日本と拉致問題をめぐって協議に応じる可能性は低いとの見方を示した。(ハノイ=鬼原民幸)