[PR]

 矢作建設工業と野村不動産、岡谷鋼機は1日、JR春日井駅南口の再開発事業を着工したと発表した。駅から徒歩1分の場所に地上23階建ての高層マンションと商業施設をつくる。2021年度の完成を目指す。投資額は約60億円。

 マンションは総戸数132戸、高さ約73メートルの予定で、春日井市によると市内で最も高い建物になる可能性がある。販売価格帯は未定。併設する商業棟は地上5階建てで、地元向けのスーパーやコンビニエンスストア、子育て支援施設などを計画している。

 JR名古屋駅から電車で約20分の春日井駅周辺は商業施設が駅北側に集中。南側は住宅地が広がり、未利用地も多かった。市は15年に駅周辺の開発計画を策定。16年には駅の南側と北側を結ぶ自由通路が開通した。「南北の分断も解消され、今回の開発が周辺に波及するのを期待している」(市担当者)という。名古屋近郊では、駅近物件の開発ラッシュが続き、春日井駅に隣接するJR勝川駅前でもマンションや商業施設が相次いでいる。