[PR]

 活発な火山活動を続ける桜島(鹿児島市)で、歴史上3度の発生が知られる大規模な噴火について、現在の小規模な噴火とは異なるメカニズムで起きたことが東北大などの研究でわかった。噴火直前にマグマが深さ1~3キロの浅い位置まで上昇した後、短時間で噴火した可能性があるという。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に論文が掲載された。

 桜島は、1914年の大正噴火のほか、1779年と1471年にも大規模な噴火があったことが確認されている。

 東北大の中村美千彦(みちひこ)教授(岩石学)らは、この3度の噴火で噴出した軽石の化学組成を分析。マグマに含まれる鉱物の結晶の大きさや、鉱物が成長したときに取り込んだマグマ中の水分量から、マグマが最終的に蓄積していた深さなどを推定した。

 それによると、噴火の直前、マグマが深さ1~3キロの極めて浅い位置にいったん蓄積した後、あまり時間をおかずに地表に出たことを突き止めた。従来は、深さ10キロほどにあるとされる主要なマグマだまりから一気に上昇してくると考えられていた。

 また、最近頻繁に起きている小規模な噴火に比べ、鉱物の結晶がたくさん生成しておらず、マグマは短時間で上昇したとみられると結論づけた。

 中村さんによると、マグマが浅…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら