[PR]

 「高校新聞の甲子園」といわれる全国高校新聞コンクール(大東文化大主催、朝日新聞社など後援)の第48回大会の入賞校が発表され、静岡県立韮山高(伊豆の国市)が最高賞に次ぐ朝日新聞社賞に輝いた。同高は昨年、最高賞の文部科学大臣賞を受けており、2年続けての上位入選。地域の魅力の発信や丁寧な取材姿勢が評価された。表彰式は8日に朝日新聞東京本社(中央区築地)で行われる。

 全国112校が参加。部員15人の韮山高写真報道部は年3回発行するタブロイド判の「韮高新聞」と、週1~2回発行する「龍城学報」などを出品した。

 「新聞」では伊豆の国市にある世界文化遺産「韮山反射炉」で英語ガイドを務める韮高生の話や、開業120周年の伊豆箱根鉄道の歴史などを紹介。部活動のあり方や学園祭「龍城祭」の変革について考える企画なども掲載した。

 部長の工藤奏多さん(2年)は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら