[PR]

 厚生労働省は1日、2017年の1日あたりの患者数を推計した「患者調査」を公表した。全国の患者は入院131万3千人、外来719万1千人で、いずれも14年の前回調査よりわずかに減った。一方、在宅医療を受ける患者が18万人で、データがある1996年以降で最多だった。

 調査は3年ごとに実施され、全国約1万4千の医療施設が対象。17年10月の特定の1日の状況を調べ、全国の患者数を推計した。患者数は入院は05年の調査から減少し、外来は横ばいの傾向が続く。高齢者の増加で65歳以上の患者は増えているが、10万人あたりの患者数の「受療率」は減ってきている。

 一方、在宅医療の患者は前回より2万4千人増えた。一般診療所が10万5千人で6割近くを占めたが、患者の増え方では歯科診療所が目立ち、前回よりも1万4千人多い5万5千人だった。(阿部彰芳)