[PR]

 松山市の三津浜地区で毎年3月に開かれている「三津の日」のイベントが2日、三津浜商店街周辺であった。ご当地グルメの「三津浜焼き」や地元の食材、手作りの雑貨を扱う店が集まり、多くの家族連れでにぎわった。

 同地区の住民らでつくる「三津浜クリエーターズ」が地元を活性化させようと企画したイベントで、今年で6回目。語呂合わせで、3月の第2日曜や2のつく日を三津の日とし、町をあげてさまざまな催しを開いてきた。

 この日、伊予鉄道三津駅付近であったオープニングセレモニーでは、来場者がひな人形に見立てた切り花を駅前を流れる宮前川に流し、無病息災を祈った。愛媛県伊予市から家族で遊びに来た小学3年の日野歩夢さん(9)は「窯焼きのピザを食べたり、木彫りの体験をしたりするのが楽しみ」と話していた。(村上綾)