[PR]

 横浜市南区の弘明寺商店街で2日、近くの横浜総合高校(小市聡校長)の生徒有志が、被災時に役立つ備品を購入するためのチャリティーイベント「横総大感謝祭」を初めて開いた。

 下町情緒あふれるアーケード途中の観音橋にテントを構え、同校が今年度の産業体験で訪れた岩手県釜石市、福島県矢祭町、長野県上田市、山梨県道志村から仕入れた特産品を販売。この4市町村でとれたコンブやコメ、キクイモなどの農水産物を使っておかゆを作り、100円以上の募金に協力した人に提供した。

 この日の販売収益と募金は計5万1千円。被災時に使える調理器具や簡易トイレを購入し、同校がある地区の自治会に贈るという。

 同校3年の三浦音々(ねね)さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら