【動画】無人でキャベツを自動収穫するロボット。AIが上部と側方からのカメラでキャベツを認識し、走行方向と引き抜く高さを自動制御する=大野宏撮影
[PR]

 人工知能(AI)を搭載したロボットで露地栽培のキャベツを自動収穫する試験が2日、彦根市日夏町であった。収穫時の人手不足を解消してコストを削減し、経営規模の拡大につなげることが目標だ。

 立命館大(草津市)や北海道農業研究センター、農機具メーカーなどによる共同研究プロジェクトで、同大理工学部の深尾隆則教授(ロボット工学)が研究代表者を務めている。

 ベースは北海道富良野市のオサダ農機がヤンマーと共同開発したキャベツ収穫機。2012年に発売された。人が刈り取り部を操作してキャベツを引き抜くが、操縦には熟練が必要だった。

 プロジェクトでは、この収穫機…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら