[PR]

 衆院沖縄3区補選(4月21日投開票)で、自民党が公認した元参院議員の島尻安伊子氏(53)が2日、沖縄市で立候補の記者会見をした。沖縄北方相などを務めた経験から「3区のポテンシャルを沖縄振興にどう生かすかという具体策を争点にしたい」と語った。

 沖縄3区は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画で、工事が進む名護市辺野古を抱える選挙区。島尻氏は「辺野古に対してのスタンスは政策発表で詳しく述べる。基地問題は争点の一つになることは、認識している」と述べた。振興策として、大型クルーズ船誘致や港湾整備、本島北部などの世界自然遺産登録に向けた取り組みを挙げた。

 玉城デニー知事の県政運営については「国との溝がある。埋める努力をしないと沖縄の発展が思うように進まない」と批判した。

 補選には、自由党が擁立するジャーナリストの屋良朝博氏(56)と、弁護士の瑞慶山(ずけやま)茂氏(75)がすでに立候補を表明している。