[PR]

 和歌山県は2日、同県田辺市の昭和幼稚園(園児267人)でノロウイルスの集団感染が起きたと発表した。1日までに園児66人と職員5人の計71人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えているが、いずれも軽症で、うち45人は回復、26人は症状が続いているという。

 県健康推進課によると、2月28日に園児29人が症状を訴えたため、検査したところ、協力した4人全員からいずれもノロウイルスが検出され、ノロウイルスによる感染症と確認された。同園では19日から園児や職員らに次々と症状が出ていたが、風邪や胃腸炎などと診断されていたという。(土井恵里奈)