[PR]

 地理学って、地名を暗記するの? いえいえ、地理学はもっと幅広く、自然と人間の営みに関わる学問です。その魅力を伝えようと「地理×女子」の活動を進める研究者を訪ね、一緒に大学周辺を歩いてみました。

 東京都文京区にあるお茶の水女子大学。今月11日、文教育学部人文科学科地理学コースの長谷川直子准教授(44)を訪ね、一緒に大学周辺を歩いてみた。自然地理学の授業で、1年生らが実際に歩くコースだ。地理学では、フィールドに出て、地形を見たり、調べたりすることを「巡検(じゅんけん)」と呼ぶ。記者も巡検に出発だ!

 大学南門を出て右に曲がる。すぐに急な下り坂になった。「自然地理学の最初の授業では、この坂を下ります。なぜ、ここは坂になっているのでしょう」と長谷川准教授。そう問われても、なぜそこが坂なのかなんて、考えたことはない……。

 長谷川准教授が手にしていたのは、地理学コースの学生と地図大手のゼンリンが2017年に開発したクリアファイル。下のシートに道路や地下鉄路線が描かれ、建物や公園が記してある上のシートが重なるデザインだ。その間に明治時代や現在の周辺図が描かれた学生お手製の台紙などを挟むと、土地の変遷や様子がよくわかる。

 坂を下ると、大塚警察署前交差…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら