[PR]

 宮城県東松島市でともに被災した二人の高校3年生がこの春、それぞれ巣立つ。両親と祖父、母親のおなかの中にいた妹を亡くした高橋さつきさん(18)と、ずっと彼女のそばにいた武山ひかるさん(18)。友情は、1冊の手づくりの絵本になった。

 2011年3月11日。

 二人が通う大曲小の4年生の6時間目は、理科のテストだった。ゴゴゴゴッ。ものすごい音とともに揺れが襲う。潜り込んだ机ごと浮き上がりそうになった。

 校庭に出てしばらくすると、さつきさんの両親が来た。母親は4月が出産予定。「赤ちゃんの道具がいる」と海のそばの自宅に取りに戻った。そのすぐ後に校舎まで津波が押し寄せた。「行かないで」と強く言えなかったことをさつきさんは今も後悔している。

 家族4人を失った。母親の火葬のとき、おなかのところにぎゅっと丸まった赤ちゃんの骨があった。「一生懸命、生きようとしていたんだ」と思った。

 「孤児」になったさつきさんには、同情の目が注がれた。学校で「さつきって親がいないんだよ」と、陰で言われる。取材に来た記者はみな「大変だったんですね」。嫌でたまらなかったという。

 そんな中、ひかるさんだけは違…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら