【動画】四段への昇段を決めた出口若武三段と黒田尭之三段=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋のプロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」の最終関門にあたる「三段リーグ」の対局が3日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、出口若武(わかむ)三段(23)=兵庫県明石市在住=と、黒田尭之(たかゆき)三段(22)=松山市在住=がプロと認められる四段への昇段を決めた。4月1日付でのプロ入りとなる。

 終局後の報道陣の取材に対し、出口三段は「強さを求めていける棋士になりたい」、黒田三段は「1局でも多く勝ちたい」と抱負を語った。

 三段リーグは半年で18局指し、原則、上位2人がプロになれる。今期は33人の三段が参加し、3月3日に全日程を終えた。出口三段は14勝4敗、黒田三段は13勝5敗。プロ棋士に昇格する上位2人の枠を、今期は関西勢が占めた。

■出口三段、黒田三段…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら