[PR]

 復興支援道路の東北横断道釜石秋田線のうち、遠野市内の11キロが3日、開通し、釜石市内から秋田市内までが高速道路網で直結した。釜石秋田線の完成は、9日に開通予定の釜石市内6キロ区間を残すのみとなった。

 3日に開通したのは釜石側の遠野住田インターチェンジ(IC)と花巻側の遠野ICの区間。「釜石道」とも呼ばれる釜石―花巻間80キロのうち9割にあたる74キロが完成したことになる。これにより、自動車道開通前には約110分かかっていた釜石市役所から花巻市役所間の所要時間が25分短縮され、約85分となった。9日の釜石市内の開通で全線開通となり、計30分程度短縮されることになる。

 開通記念式典で達増拓也知事は「復興のリーディングプロジェクトとして7年余というかつてないスピードで完成した」と関係者に感謝。「沿岸と内陸が本県史上初めて高速交通体系で結ばれる。未来を切り開く道路だ」と期待を述べた。

 国土交通省岩手河川国道事務所…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら