[PR]

 早春の鹿児島を駆け抜ける「鹿児島マラソン2019」(同実行委など主催)が3日、鹿児島市と姶良市で開催された。曇り空の下、全国から集まった約1万2500人のランナーが、温かな声援を受けながらゴールを目指した。

 4回目の今年、フルマラソンには9889人、ファンラン(8・9キロ)には2634人が参加した。鹿児島市のドルフィンポートに集まったランナーたちは午前8時半、号砲と同時に一斉にスタート。アニメや漫画のキャラクターなどの仮装で、雰囲気を盛り上げるランナーの姿もあった。

 コースの各地で「頑張れー」「ファイトー」と声が響き、様々な応援やもてなしがランナーを支えた。市中心部の中央公園では豚汁やおにぎりなどが振る舞われ、体を温める足湯も設けられた。ゴール地点では、走り終えたランナーを鹿屋市出身のタレント国生さゆりさんらが迎えた。

 フルマラソン男子では、日置市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら