[PR]

 岐阜県にある江戸時代の旧旗本家に伝わる古文書「高木家文書」。10万点近くに上る資料を整理・保存する取り組みを名古屋大学付属図書館(名古屋市)が続けている。木曽三川流域の治水の歴史が詳しく記録されており、自然災害との関わりを考える貴重な資料として価値が高まっている。

 書庫の棚にぎっしりと積まれた白い紙箱。一つひとつに番号や分類項目を記したシールが張られている。その数、1千個ほど。部屋の奥には未整理の文書が入った古い段ボール箱も山積みになっている。

 「虫食いがあると修復します。現在までに約6万4千点の整理が終わりました」と、名古屋大大学院人文学研究科の石川寛・特任准教授(日本史)が、箱の中から紙に包まれた古い日記を取り出してみせた。

10万点の古文書

 10万点近くに上る高木家文書。1950年代、古紙業者に売りに出されていたものを、高木家の知人の中島俊司さん(故人)が「将来、学問をする子どもたちのために」と仲介し、名大がまとめて購入することになった。以来、所蔵する付属図書館が整理・保存・活用事業を続けている。

 古文書は、つねに洪水に襲われ続けてきた木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)流域で暮らす人々が、川と自然にどう向き合ってきたかを映し出す。川の決壊場所を記した絵図、工事に関わる仕様書や帳簿、村人からの嘆願書や堤防の設置場所をめぐる村同士の争いの記録など、統治者側だけでなく住民のあり方もうかがい知ることができる。

■被害状況、明確…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら