[PR]

 米宇宙企業スペースXが開発した新型の有人宇宙船「クルードラゴン」が日本時間3日夜、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングした。5日間とどまり、8日に地球へ帰還する。

 今回は無人の試験飛行で、米航空宇宙局(NASA)の委託を受け、スペースシャトル以来となる米国から宇宙飛行士をISSに送る計画の一環。

 フロリダ州のケネディ宇宙センターから2日に打ち上げられたクルードラゴンは27時間後、太平洋の約400キロ上空を周回するISSに到着。「ノーズコーン」と呼ばれる先端部を開き、自動でISSの接合部「ハーモニー」にドッキングした。その後、ISSに滞在する米国、ロシア、カナダの3人の飛行士が船内に入り、空気の検査をしたり、補給物資を取り出したりした。米国のアン・マクレイン飛行士は「有人宇宙飛行の新たな時代の夜明けだ」とツイートした。

 無人飛行が無事終了すれば、N…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら