[PR]

 福井県の若狭地方に春の訪れを告げる伝統行事「お水送り」が2日、小浜市の若狭神宮寺や遠敷(おにゅう)川であった。遠敷川の「鵜(う)の瀬」では、かがり火に照らされた川面に、僧侶が香水(こうずい)を注ぐ様子をたくさんの見物客らが見守った。

 お水送りは、奈良・東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)に遅れた遠敷明神が、若狭から水を送る約束をしたという故事に由来する。遠敷川に注がれた水は地下を通って、10日間かけて二月堂に届くとされている。

 この日は大小のたいまつを手にした山伏らが若狭神宮寺から行列をつくり、ほら貝の音色とともに約1・8キロ上流の鵜の瀬まで歩いた。午後8時半ごろ、河原にたいまつが到着し、護摩壇に火が移されると、火柱が一帯を照らした。

 続いて、川岸の岩場に立った僧侶が「送水文(そうすいもん)」を読み上げ、竹筒に入った香水を川の流れに注ぎ込んだ。(八百板一平)