金正恩氏、今夜にも北朝鮮へ 中国の高官とは接触せず?

米朝首脳会談

天津=益満雄一郎、北京=平井良和
[PR]

 ベトナムのハノイでの米朝首脳会談を終え、帰途についている北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を乗せた特別列車は4日午前、中国東北部に近い沿岸部を北上しているとみられる。北京を経由して中国政府高官と接触したとの情報はなく、同日夜にも北朝鮮に戻る可能性が高まっている。

 正恩氏の特別列車は2日午後、ベトナム北部のドンダン駅を出発。韓国メディアによると、特別列車はベトナム訪問時のルートを逆にたどり北上。国境を越えて中国南部の広西チワン族自治区に入った後、中部の湖北省武漢、河南省鄭州などを経由。4日午前7時(日本時間同8時)ごろ、天津を通過したという。

 北京の主要駅では4日朝、要人訪問時にとられる厳重な警備体制が敷かれなかった。一方、北京中心部から南東に100キロ超離れた天津駅では、多くの警察官が駅周辺に配置されるなど警備が強化された。(天津=益満雄一郎、北京=平井良和)