[PR]

 宮崎県日南市は、市北郷町総合支所跡地に建設予定の道の駅「北郷」(仮称)のデザインを決定した。北郷町の特産品であるスイートピーをデザインした円形型の屋根が特徴の建物にする。2022年に開業予定だ。

 デザインは全国から公募に応じた40社から、東京都の蟻川建築設計事務所のデザインが選ばれた。円形に波打つ屋根はスイートピーの花びらのイメージを表現し、飫肥杉も編み込んだ。公募選定にあたった審査委員らは「地域の特性をよく反映し、物語性がある」と評価した。

 道の駅「北郷」は敷地面積約1万6千平方メートルで平屋。建物の床面積は約1千平方メートルで、特産品販売所やレストラン、観光案内所を備える。ホールのある既存の交流施設も敷地内に取り込んだ。

 山間部に位置するため、南海ト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら