[PR]

 北海道開発局の工事をめぐる受託収賄事件などで実刑判決を受けて服役した鈴木宗男・元衆院議員(71)=新党大地代表=について、東京地裁(家令和典裁判長)が、裁判をやり直す再審を認めるかどうか、20日に決定を出すことが関係者の話で分かった。弁護団は、「検察が贈賄業者を誘導尋問した」と主張し、検察が作成して渡した想定問答集や業者側の陳述書を「新証拠」として提出しており、有罪認定を支えた業者の証言の信用性が争点となる。

 鈴木氏は①北海道・沖縄開発庁長官だった1997~98年、道内の建設業者から工事受注を頼まれて計600万円を受け取った②内閣官房副長官だった98年、道内の製材業者から林野庁への口利きを頼まれて500万円を受け取った――などとして2002年、東京地検特捜部に逮捕された。

 鈴木氏は無罪を主張したが、検…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら