[PR]

 札幌市中央区(北5条西8丁目)に賃貸マンション「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」が完成し、4日、報道向けの内覧会があった。札幌駅に近い立地と眺望の良さが売りで、最上階の30階は150平方メートルで家賃は85万円。フロントにはコンシェルジュが常駐するなどのサービスもある高級賃貸マンションという。

 同マンションは鉄筋コンクリート造り地上30階建て。住友不動産(東京都)が手がける高級賃貸マンションシリーズの一つで、東京以外での建設は札幌が初めて。同社が2014年、伊藤組土建(札幌市)の伊藤義郎名誉会長邸跡地を取得し、16年4月に着工、今年2月末に完成した。

 総戸数は330戸で、部屋タイプは2LDK(60平方メートル、家賃1カ月16万~23万円)と3LDK(80~95平方メートル、同21万~46万円)。最上階の30階は150平方メートルで家賃85万円。

 フロントにはコンシェルジュが常駐し、入居者は京王プラザホテル札幌による料理のデリバリーサービスや札幌丸井三越による買い物サービスが受けられる。

 立地と眺望の良さから、すでに3分の1超の契約が成立した。4分の3が会社経営者や医師、弁護士という。札幌郊外の戸建てから住み替える市民や、札幌の拠点として利用する北海道外顧客の需要が多いという。(斎藤徹)