[PR]

 三重県四日市市は4日、昨年のゆるキャラグランプリ(GP)で騒動になった大量の「組織票」の実態を、市議会で明らかにした。1人当たりの1日平均投票数は、最も多い部署で200票だったという。

 市のキャラクター「こにゅうどうくん」はネット投票で暫定1位だったが、投票IDに不正があったとして票数が減らされ、最終的に3位になった。

 提出された資料や市の説明によると、計1万8620個の投票IDを市役所で作っていた。

 投票開始から約1カ月後の8月末に行った調査では、市役所の投票数は6152票。市が投票ID6555個を作り、積み増しを要請した後の10月上旬の調査では1万3602票に増えていた。さらに市は職員1人あたり5票の積み増しを要請するため、投票IDを1万2065個作った。

 10月中旬にGP実行委員会が不正IDを削除し、多くのIDが使えなくなった後も、市はさらに積み増し、最終的に不正IDは約2万個になったという。

 また、部署間の競争をあおるため、「平日1人当たりの投票平均」の順位付けをしていた。1位は東京事務所の200票。4人で800票を毎日投じていた。2位はGP担当の観光交流課で平均140票、3位がIT推進課の49票だった。(大津正一)