[PR]

 子宮頸(けい)がんとたたかいながら同時進行で男児を出産した壮絶な闘病記「癌(がん)で妊婦で45歳です」を埼玉県朝霞市在住の会社経営、森田美佐子さん(46)が出版した。「女性の健康啓発の一助になれば」と森田さんは、同市に15冊を贈った。

 森田さんは大阪生まれ。テレビのワイドショーのナレーターなどを務め、現在は司会者の育成や紹介をする会社を経営している。

 45歳のとき、がん検診で子宮頸(けい)がんが見つかり、同時に妊娠していることもわかった。病院からは「がんが進行したら、子どもはあきらめて」と言われた。

 「流産するのでは」と不安に押し潰されそうになったが、四つ年下の夫は「大丈夫。美佐は大丈夫」と笑顔で励ましてくれた。

 「何とか自分も頑張らなくては」。大きくなるおなかを抱えてパソコンでがんや妊娠の情報を検索し、闘病記をブログにつづった。

 「これ以上、がんが進行する前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら