シリーズ:食べる

腸管出血性大腸菌で血便 思い出した10日前の焼き肉

有料記事

水戸部六美
[PR]

患者を生きる・食べる「O157」(1)

 東京都の会社員、中村泰幸(やすゆき)さん(54)は、当時3歳だった長男・渓(けい)さん(14)の病室のベッドを見て驚いた。2007年7月29日朝のことだ。シーツが血便で赤く染まっていた。

 その数日前から、食事を受け付けず元気がなかった。病院に行ったが風邪と言われて帰宅。翌朝、妻真智子(まちこ)さん(47)が、渓さんのおむつの便に赤い筋を見つけた。「血便かも」。再び病院に行くと、今度は腸炎の疑いで即日入院となっていた。

 赤く染まったシーツの上でぐ…

この記事は有料記事です。残り787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。